北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

2020-06-26から1日間の記事一覧

独仏の迷走・迷言と中国の洪水災害、共同通信の自滅、あとシアトル自治区が自滅崩壊とかw

こちらは「もえるあじあ」の記事から↓ ・( ´_ゝ`) 独仏、WHOに支援表明。独「力強く効果的で、透明でかつ信頼の置けるWHOがこれまでになく必要」仏「コロナにはWHOのみが対応できる」 | もえるあじあ(・∀・) WHOが赤色中国に忖度して、世界的な参加…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(10・完)オーバーマインド

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 虹色に月の砂に一週間かけてボーリング作業しているとき、アイザックは懐かしい声が聞こえていた。やがては姿までが見え始め、カーヴァーなども様子の変化を察していた…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(9)第二次アポロ作戦

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 大局として、中国大陸のマーカーの確保と無力化には、国際政治と軍隊の出動で決着をつけるしかなかった。危ない綱渡り・薄氷を踏むような交渉と恫喝合戦が繰り返され、…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(8)玄人の交渉・説得術

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 地球防衛側の強攻策で、どうにかこうにか人類側の反撃の準備は整いつつあった。中には「平和主義だから~」などと、わけのわからない理由で協力を拒否する大学・研究機…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(7)キレる!

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 完全武装のような、フルフェイスヘルメット付きの、SFバトルスーツような宇宙服を着込んだその男、アイザック・アシモフが数週間ぶりに表に現れたのは、あの虚言報道…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(6)騙りと欺瞞の極限へ

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 いつの世でも同じなのかもしれないが、マスコミは特定の利権・セクト勢力に買収され、あるいはそっち系の人間が工作員に入りまくって、もはや正しい情報など報道するは…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(5)大統領の決意

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 アメリカでも世界でも。そのころ大学では、ユニトロジーに傾倒する教授・教員・職員たちが少なくなかったし、マスコミや中央・地方の政治家なども「狂った逸材」ばかり…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(4)シアトル

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 そのころシアトルでは、ユニトロジストたちが町を勝手に占領して意味不明な「自治区」を主張しており、警察を追放していた。 拡声器でサングラスの黒人が、外国鈍りの不…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(3)地球危機

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 「戦術核でもダメだったらしいぜ。それで今度は原爆を使ったとか。でも結果は同じ」 カーヴァーが宇宙用のパックコーヒーを飲みながら語るのは、地球上に存在する数個の…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(2)帰ってもなお

※妄言ファン小説シリーズ、「DEAD SPACE3」(のDLC)の続き(設定なども大雑把です)。 『ああ、なんてこった!』 小型宇宙船の窓からの忌むべき光景に二人の男は声を揃えて頭を抱えた。 目覚めた地球の「月」は明らかに様相を変じてしまっていた。それは宇…

DEAD SPACE after「地獄への帰還」(1)宇宙の彼方から

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「DEAD SPACE3」(のDLC)の後の話(SFホラーの超暴力アクションw)。 ※全十話で2・3話がやや分量長いめです。 * * * かつて、宇宙にばら撒かれた「月(Moon)」と呼ばれる怪物たちが…