北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

2020-06-27から1日間の記事一覧

本を買ってみたんだが。それとパヨ人権主義の悪意。あと「中国・韓国を追悼いたします」

こんな状態(↓)になっているけれども、はたして本当に黒人の人権や尊厳の足しになるだろうか? 無用の混乱の末に、かえって憎悪を焚きつけるだけだろうし、やりかたそのものに悪意があるとしか思われない(おそらくはアメリカの黒人のことなどまじめに考え…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(7・完)月のトウモロコシ

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 月のデトロイトにも、トウモロコシはすくすくと育っている。 農業プラントの特殊ガラスの天井窓からは、強…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(6)アンドロイド・コンプレックス

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 アリスといったんは月に帰ってから、カーラは元所有者・人間の主人であるアリスの父親が退院したら、家…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(5)Be another humen(後)

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 今のアリスからすると、地球の一部のホムンクルスたちの言い分は、経験の足りない子供の言い分に感じら…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(4)Be another humen(前)

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 そして案の定、アリスの水族館での期間勤務の話は今回は不可能になってしまう。とはいえ、カーラが再び…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(3)忖度の価値は

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 ホテルで見た殺人事件のニュースに、カーラとアリスは青ざめるというより硬直した。ホムンクルスの人造…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(2)お見舞いとタクシー運転手

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 空から里帰りしたカーラとアリスは、その日に元の主人を見舞うため、入国手続きしてすぐにタクシーに乗…

Detroit on the Moon「我、人間にあらず」(1)十数年後

※妄言ファン小説シリーズ(設定なども大雑把です)。今回は「Detroit Become Human」の架空の未来続篇(SF・アンドロイドを巡るヒューマンドラマw)。 空に浮かぶ月には、地球と違う新しい宇宙都市「デトロイト」がある。 そこでは自我に目覚めたアンドロイ…