北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

2020-09-19から1日間の記事一覧

ごずめず! 8.或る黒犬の散歩道、地獄の鬼ごっこⅡ(日蓮さん編) ※第一部・完

街中では、(在日外国人の)緊急帰国者をのせた警察や陸上自衛隊のトラックが走り回っている。あちこちで散発的な戦闘の銃声や爆発音も聞こえてくる。あの垂れ耳レトリバー雑種の黒犬、地獄の使者「ヘル急便」は、戒厳令下の町を悠々と闊歩していく。その面差…

ごずめず! 7.玉砕テレビ

やがて「終極の事態」が訪れて、テレビ局や新聞社は反政府勢力の籠城基地と化した。中身はパヨ反日左翼と在日まみれである。 建物を包囲した警察や自衛隊は帰国を呼びかけているが、聞くはずがない。最後の武士の情けで、最低限の食べ物を官憲側が差し入れし…

ごずめず! 6.地獄の鬼ごっこ(東条アルバイト)、理不尽な名字

地獄の鬼ごっこ、「見つけたら殺す」。 本日の鬼はアルバイトの東条さん。日の丸はちまきで槍と刀を振りかざし、在日を追い回している。 「絶対に許さんぞ!」 阿修羅の形相で殺しにかかるのも無理はない。終戦時の(日本の共犯国だった)朝鮮人の裏切りや「朝…

ごずめず! 5.どどいつ対話、一丁目のハイデガー(共産ポグロムと反日コリアの不条理)

地獄一丁目のハイデガー、趣味はパラディソ園のヤスパースと無線通信。ハイデガーは「存在と時間」で知られる哲学者で、哲学史家として独特。愛国心からナチスを支持したら、ユダヤ弾圧や殺戮を始めたので、ユダヤ系の恩師を弁護したり慌ててユダヤ系の学生…

ごずめず! 4.テロドスさんはVIP

あの赤色中国のコロナ世界テロで一役買ったテロドスさんは、やっぱり(地獄的な意味で)VIPなんだろうよ。祖国であるエチオピアの教会からは破門され、アメリカの黒人人権暴動テロの連中と仲良く地獄へGO!だが、それでもやっぱりVIPは違う。 以下、テロドスさ…

ごずめず! 3.牛肉道の哲学

牛頭大王が浄土が浜での、馬頭観音の講義に友情出演した。テーマは「牛肉道」について。 「日本では肉食はあまりポピュラーではなく、牛や馬は運搬や農耕用の高級家畜でしたから、残飯処理とか番犬の犬やネズミとりの猫と共に、社会を「運営する側」だったわ…

ごずめず! 2.楽しい切腹(東条インタビュー)

その日は地獄の二丁目で、東条さんがまたしても切腹する日であった。彼は旧日本帝国軍を指揮した大首領である。 牛頭馬頭は日本風のかみしもを着てコスプレし、気分を盛り上げようとする。そして白州に敷いたござの上で、東条さんは切腹スタンバイ。背後で介…

ごずめず! 1.名物ユニットの裏事情

しばしば極楽の寺院や浄土が浜の寺子屋で、衆生に哲学を説法する馬頭(バトウ)観音の先生には、誰もが知っている裏の顔がある。つまりは地獄の有名獄卒、馬頭羅刹(メズラセツ)であった。極楽のパトロール巡査長の牛頭大王(牛頭羅刹)とコンビを組み、恐れられ…