北極茶釜/陸戦型たぬきそば

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

2021-03-29から1日間の記事一覧

像法の寓話

これはインドの仏教の話だが、仏陀の死後に徐々に力が衰えていくという考え方があるそうだ。記憶が曖昧なので詳細や用語が間違っているかもしれないが。 過去に理想を投影するアジア的な歴史の見方ではあるものの、一面では寓話として面白いと思うので参考ま…

東洋史(歴史3)カテゴリ

さっき、余所から引き上げてきた中国史の記事を載せて、「東洋史(歴史3)」を新設しておきました。それでついでだったので、過去記事の東洋史関係の記事を見繕って、そっちも同じカテゴリタグを付けておきました。これで放置でも、ひとまずは歴史ネタ(とコン…

後宮ロマンス(中華風)の現実

しばしば外国の「後宮」を舞台とした宮中もののロマンスがエキゾチックな関心から美化されて描かれるようだが、現実はずっと過酷であったと思われる。 たとえば「漢の呂后(りょこう)」などで調べてみれば、皇帝や王侯の愛情や後継者争い(さらには我が子の境遇…

腐れ儒者について(の続きと補足)

ともあれ専門家からそういう言説(孔子の詐欺師説)が出てくるのは、昨今の中国韓国などの現状への批判を暗に含んでいる? それとも頭のおかしい左翼学者なのか? だがこれは別の話だが前に角川クラシック(ビギナー)の「易経」を見ていたら「困」の解説で「赤い…

腐れ儒者の起源について

近ごろに古代中国の儒教古典などパラパラやっていて(現代語訳部分を読み流しているだけだが)、「秦の始皇帝が焚書坑儒したり、漢の高祖や宣帝が儒者を嫌ったのも理由がないわけではない」と感じた。 なぜならば言っていることは立派なのだが(それなりに有益…