北極茶釜/陸戦型たぬきそば

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

幸先良い令和時代の始め(?)、しかし吉祥はあれども現状は良いのか?

www.moeruasia.net

 

ものすごく「幸先良い」記事を見つけたので(↑)

けれども前に書いた少子高齢化やら中堅世代層の壊滅状態やら、余命三年時事日記の裁判のことやら(余命がインターネット上で裏事情をばらして拡散しだしてからもう7年ですよ!)、パヨ・在日の暗黒勢力がマフィアやゲジュタポよろしくまだまだ日本を支配している(この二十年で国内から完全破壊完了?)ことやら、現実は洒落になっていません。

ご参考までに「余命ミラーサイト」の官邸メール(もう4年くらい続いている)のサイトページへのリンクを貼っておきます。こういう民間での愛国運動の動きとか、ずっと何年間も抹殺・封殺され続けていますけど、そのことだけでも日本という国の内部がどれだけ腐りきっているかが良くわかると思います(主犯はパヨと在日でも、日本人辞自体の間抜けさと無責任さにも大いに問題があるのでは?)。・・・・もっとも自分個人としては「もう知ったこっちゃない、なるようになれ」というのが素直な心境ではありますけれど(どうせこれまでの記事でも憶測の論拠をチラチラ書いていたとおり、これから遠からず有事や非常事態になると思いますし、少しばかり真っ青になって冷や水を浴びた方がいいのでは?)。