北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

情報戦争その他の暗闘が、ついに「目に見える」世界騒乱へ(?)、Webでの詐欺の悪質化のこと、イラン事案と韓国

ところで愛国系の各種のまとめサイトで怪しげな警報出るとかなんとかですけど(おそらくはプロバイダ内部のパヨ左翼や在日工作員の「閲覧妨害」「新規読者の増加防止」目的での嫌がらせ工作?)、もう一段階悪質な、こんなのもあります(↓)。

……明らかにやばそうな「警告」でびっくりし、調べてみたら「詐欺」だそうですよ。警告を偽装した怪しげなメールが届くなどもありますけれど(発信源は中国とかの場合もあるとか?)、そういうのに出くわしたら慌てずにまず調べてみるといいかもしれません(場合によっては警察や公安調査庁に通報するのも良いでしょう)

 

050-5806-5131 その1
https://meiwakucheck.com/search?tel_no=05058065131
(同上)その2
https://saiki55style.xyz/48772.html

※後者の方はこれまで知らなかった啓蒙サイト(?)ながら、他にもいろいろな事例が出ていたみたいですね。

 

 

それと別の話題ですけど、とうとう三次大戦(?)じみてきたようです。これまでにも水面下での情勢や暗闘状況は何年間も続いていましたけれど(インターネットの愛国系の有志サイトを見ていれば見ていればわかる通り……)、もろに「これはアカンやつや……!」というお話でしょうか?

ただ、ロシアがわざわざあちら側に走った(?)のはちょっと意外ではありますけど(東側の元宗主国ながら、ロシアや東欧は今の問題分子国なんか、とっくに見放しているものだとばかり思っていたので)。

ちなみに韓国がイランにフッ化水素横流ししていたのは周知ですけど、イスラム過激派と左翼・在日コリアンも裏でつながっているみたいですし、そういうのに対抗するために「パレルモ条約」「テロ等準備罪共謀罪)」が出来たんでしたっけ?(マスコミも左翼市民団体も在日も懸命に妨害・反対してましたようね……自分たちがターゲットだという自覚があったんでしょうw) 赤に染まった日弁連弁護士会が必死で「死刑廃止」を叫ぶのも、自分たちが外患罪で死刑にされるのを怖れているのが真の理由(弁護士いらずのセルフ自己弁護士、笑)

 

 

それから『余命三年時事日記』の長老が老骨鞭打って新規記事出していましたけれど(前任者が老衰・疲労で二人ほど亡くなっているらしいことは、知る人ぞ知る)、余命プロジェクト直轄チーム(懲戒請求の参加者ですとか)の戦いも最終局面に来ているようですね……。「何が彼らをそこまでさせたか?」といえば、大学の先生だのプロ知識人だの野党政治家だの市民団体だの(さらには官庁や役所・司法まで汚染)、「本来は戦うべき人たち」が(上辺だけはもっともらしくご立派に装いながら)軒並みに国賊系裏切り者・反日利権工作員に占領されたり日和見して利ザヤ稼ぎと保身にのみ徹底したので(しかも日本人全般がお花畑www)、民間の愛国・護国レジスタンスが戦うしかなかったということなんでしょう(私は面倒なのでめったに見ませんが、Youtubeの「虎ノ門ニュース」とかで、最後のまともな護国系知識層が抗戦してはいるみたいですし、産経やら新潮やらがファインプレーしたりもしているみたいですけど……)。

……もっとも、自分などは(ザ・廃人ですしw)恍惚・朦朧としているだけですけど(笑)。とりあえず義理で余命官邸メールでも送信しておきますね(↓)。あとは適当にエロ動画(またはYoutubeのゲーム動画でも)見たりポルノ小説でも探しに行きましょうかwww

 

quasi-stellar.appspot.com