北極茶釜/陸戦型たぬきそば

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

これが、ついに「ガチャピン」になれなかった男の悲哀なのか……(?)

www.moeruasia.net

 

こちらは『もえるあじあ』からの悲壮な(?)記事紹介になる。

往時を思い起こせば、かつて(?)「ガチャピン」と呼ばれる、超人的・伝説的な着ぐるみマスターがいた。……たしかにこの「ふなっしー」氏を資質や才能で(不世出の大天才であった)ガチャピンにまで比べるのは流石に無理があるかもしれない。けれども「時代状況の理不尽さ」(腐敗と反日利権の狂気)もまた、彼の挫折の大きな一因であり、その点で寂寥感がある。

そしてある意味ではこうして「人材が逃げてしまう」というあたりにも、テレビをはじめとする業界の汚染・腐敗の終末感が濃厚に漂っているのだといえよう(中央・地方の政治家や大学なども案外にそうかもしれない)。まさしく、ガンダムの台詞で言うところの「寒い時代」なのではないだろうか?(典型的現象?として、氷河期世代・今の中堅世代層への重篤打撃?は少子高齢化の悪化にも拍車をかけているそうな……www)

 

例えばこんな似たような(?)記事も出ていた(↓)

【丸太事件】集英社、ジャンプの人気漫画”ヒロアカ”をなぜか発売2日前に回覧&内容批判してきた人らに対し釈明。発売日当日、内容差し替え | もえるあじあ(・∀・)

 

……パヨパヨ左翼と反日外国人が、好き勝手に日本国内にまで検閲しまくって言論統制しているような有様なのだから、どうしようもない。

 

それからふと思うには、新聞社って不動産ビジネスとも結びついているとか? もしそうだとすれば、在日による土地の不法占拠やヤクザ(在日も多い?)による地上げ・土地転がしなどは、全部裏でつながっていて「共謀罪」や「パレルモ条約」案件で連鎖誘爆的にアウトなのではないだろうか? ……司法書士などの愛国有志でそれら(不法占拠や違法な転売など)の記録をたどる(土地所有権・使用料・損害賠償を国に回収するなどの処置をとる)のは、あるいは今後の一大プロジェクトになるかもしれない(国土交通省は朝鮮カルト汚染でどうしようもないから、たとえば日本政府から日本第一党などの民間護国団体に調査チーム編成と予備調査を依頼・嘱託するとか?)。

けれども、こんなことをやっている場合なのだろうか? 4月以降に在韓米軍基地が無給休暇ということは、いつ何時に『余命三年時事日記』の予見していた有事状況に突入してもおかしくあるまいに。

しかも、コロナウィルス・パンデミックでも(人類レベルで)惨禍の危機である。もっとも、もはや自分なぞの知ったこっちゃないですけど(笑)。

 

速報★中国共産党の最高指導部「初動対応に失敗」誤りを認める | もえるあじあ(・∀・)

【恐怖】新型肺炎 中国の感染者数2万人超、死者425人。ウイルスの変種も確認、生後1か月の赤ちゃんも感染 | もえるあじあ(・∀・)