北極茶釜/陸戦型たぬきそば

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

まだまだ無双するパヨ・クレーマーのこと、学力テストと731部隊(『もえるあじあ』『U-1NEWS』の記事から)



www.moeruasia.net

 

狂ったパヨパヨ(左翼)のモンスタークレーマーども(自称・良識派)が、またやらかしています(↑)。今の世の中はこんなのばっかりで、日の丸とかにまでクレームつけまくり。

この記事は『もえるあじあ』という(愛国系のニュース・話題の)有名まとめサイトからの紹介ですけれども、サイバー工作で弾圧されたりもしていたみたいです。一番代表格の『保守速報』とかも、大阪府の「ヘイトスピーチ規制条例」(特定利権勢力=左翼や在日コリアンのために保守・愛国への情報封殺が目的)で弾圧されてますし。

 

……しかも反日プロパガンダで洗脳された中国人までが、こんな具合です(↓)。中国人はもう少し賢いはずですけれど、人数が多いので洗脳されて完全に狂ってしまう人も出てくるのだと思います(しかも共産党の悪政のせいで倫理観崩壊中)。

あの「731部隊」の話って、日本の作家の森村誠一の創作ですよ(中国の抗日映画のネタにもされた?)。

ちなみに現実の731はただの防疫部隊だったみたいですけど(大学教授とかになってます)。もし「非人道部隊731」が事実だったとしたら、東京裁判とかでもっとやり玉に挙げられていたはず。戦時中に特高警察を指揮した当時の内務大臣の安倍なんたらも、実際に調べが進むとやったことが案外に良識的だったようで(ナチスの秘密警察より格段に優しかったらしいw)、普通に放免されていたりするそうですしね。

 

japannews01.blog.jp

 

 

ともあれマスコミとかは(悪意の確信犯で)ある面で本当のことを流さないので(内部が反日利権集団に乗っ取られており、日本人職員とかも自己利益と保身あるのみ)、まだこの手のまとめサイトでも見ていた方がマシというレベル。

ちなみにこちらの『もえるあじあ』は見た目のコミカルさとは裏腹に、意外と内容はまじめで、有意義な情報が出ていることもしばしばです。ですから、実際にご覧になってみることをお勧めします。

……つい先日にある小説サイトで拡散しようと(小説メアドで再度に登録して)コメントしまくったら、ほんの2・3時間でアカウント抹殺されてしまいましたけど。実は4月ごろにも同じサイトで、(フリーメールで登録した)アカウントでやっていて抹殺され、そのときは即興で書いていた哲学エッセイ(「編集部お勧め」とやらになってましたけどw)の原稿データで保存してなかった分(前半の第一章)が全部吹っ飛びましたw ついでに白状しますと、それ以前の過去にも別の案件で似たような目に何度も遭っており、下手したらその手の業界の裏ブラックリスト(「こいつ、不都合な人間」的なw)とかに入ってたりするかもしれない(笑)。

 

とはいえ、こんな有様が保守速報や余命三年時事日記が登場してから、丸七年間も続いている今の日本の裏事情こそが真に狂っているんでしょうね……。

普通はとっくにあっちこっちで愛国者の反乱がおきてないとおかしいでしょうに(物理的な暴力というよりも真相情報の拡散や意思表示という意味で)、どれだけ「規律正しい根源的痴呆」「パヨパヨ・在日コリアン制覇」なんだか、考えるだけで頭おかしくなりますぜ。 対抗手段が余命官邸メールくらいしかない悲しい現実があるのです。

 ※ 余命ミラーサイト 官邸メール(送信アプリのサイト)

といいますか、今カフェから記事投稿しているんですけれども、周り中のあちこちで不可解な咳する音が聞こえて、マジ怖いっす(カフェで無駄にだらけて時間やお金を浪費してしまうのは過半は自業自得だとしても、それに加えてコロナ・リスクとかマジ勘弁して欲しい)。コロナが日本で広がり始めたのも、国土交通省法務省が(外務省同様に)反日利権族の工作員官僚で制圧されているみたいで、初動段階で水際防衛を全力で阻止しまくった結末ですよね……。まったくシャレになりません。