北極茶釜ブログ:西洋史、コント寓話など

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

本を買ってみたんだが。それとパヨ人権主義の悪意。あと「中国・韓国を追悼いたします」

こんな状態(↓)になっているけれども、はたして本当に黒人の人権や尊厳の足しになるだろうか? 無用の混乱の末に、かえって憎悪を焚きつけるだけだろうし、やりかたそのものに悪意があるとしか思われない(おそらくはアメリカの黒人のことなどまじめに考えていない、どうでもいいと思っている悪意の第三者が、あくまでも混乱を招くかく乱の策略的に利用しているだけ。本心では馬鹿にしていると思う)。

 

米デモ隊:リンカーンが「貴方が跪くのは私ではなく神だけだ」と諭し元黒人奴隷が顔を上げたシーンの銅像(元黒人奴隷の募金で建てられた)撤去を計画 | もえるあじあ(・∀・)

Netflix、ダークエルフが登場する作品を削除 黒人への人種差別のため | 保守速報

 

 

そしてその背後にいると思われるのが赤色中国(↓)と共産グローバリスト利権。

米国政府、ファーウェイなど20社を中国人民解放軍の「支援企業」に認定 | 保守速報

中国アプリ『TikTok』、他アプリの入力テキストを無断で読み取っていたことが判明・・・ | 保守速報

オーストラリア州議会議員に中国の内政干渉疑惑、自宅と事務所に家宅捜索 モリソン首相「この領域での脅威は本物」※内政干渉を阻止する新法に中国が怒る | もえるあじあ(・∀・)

 

 

そしてパヨク・デモで山車にされている「黒人」だけでなく、一般の「中国人」全般もまた、踊らされ利用されているだけなのか? それともチャイニーズ全般を「敵」「有害生物」とみなすべきなのか?(コリアンはほぼ「有罪」で確定かもしれないが。特に在日が酷すぎた。……ただ、大量の主犯格の重罪人とそうでない過半の主に連座した軽罪の連中で、どういう扱いの差になるのかも興味深いところではあるが)

 

そういえば実は、久しぶりに中国の歴史本(古典解説の文庫)などつい買ってみたのだけれども(前から気になっていたw)、編集・執筆者は二千年代の頭(二十年近く前)に亡くなっている(現状への専門学者としての一端の責任、「どうして共産党批判に立ち上がらないんですか?」という感情を抱かずに済むのは幸いだ)。……破滅的な崩壊期の記録を中心に集めたようなのだけれど、ある種の「ダイニングメッセージなのか?」という気がしなくもない(もっとも、たぶんハードカバーでの初版は七十年代末のようだが)。

……あえて読まずに売るか、それとも腹いせに破り捨てようか、などという考えさえ頭をよぎるけれども。

とはいえ実は「中華文明は既に滅んでいる」というのも一面の真理である。中国大陸はモンゴルの元や満州女真)族の清に占領支配されて(混血などで民族浄化・変質とかも?)、歴史本などで伝統的に日本人が好きだった「中国」なんて今は残っていないんだろうよ。ただ、唐の時代の漢詩でも「月支頭」(ウイグル人の頭蓋骨で作った杯)なんて文句が出てくるし(しかも詩仏・王維!)、互いに抗争を繰り返したウイグルチベットを中国に含めようとする時点で無理がある(清とかは満州族を頭にした連合国家みたいなものですし)

だいたい中国は過去何回「革命」したと思っているんだろうか? あれだけ自ら革命と国家転覆を繰り返して一度も共産主義にならなかったんだぞ?(毎回似たパターンで腐敗・破滅) そんな中国が「マルクス共産革命」という時点で無理があるようにも思うし、民族の悪癖を理屈で正当化しているだけにしか思えない(まだ孫文中華民国の方が説得力があったように思うのだが……)。

 

それから、しかもその本(中国歴史古典)出したのと同じ出版社さん、良い本もたくさん出しているのに、近頃はパヨ政治家(多分在日の帰化人)の宣伝本を出してたよ。この何年もの間で、余命や保守速報を知らないわけがないのだし、ああいう「日本の知性代表のプロ」のはずの人たちが日和と利得第一主義(さらには平気で背信)して右往左往しているのを見ると、それだけで嫌な悲惨な気分になるよ(今の日本は、そんなのばっかりだ!)。ああそうか、基地外共産主義と在日朝鮮パヨに支配されているのか。

……あるいは内部でパヨ工作員は密告・通報されて、あとはクリミア方式発動で駆除されるまで泳がせているのかもしれないけれど、もう少し何とかならないんだろうか?

 

ぶっちゃけ、在日やパヨの末路には同情しかねる。中国・韓国にも「追悼します」くらいにしか思えない……。それから日本人自身も、ちょっと酷すぎるように思う(余命三年時事日記や保守速報が登場して7年以上じゃねえの?)