北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

新世紀ポトラッチ世界大会の決勝戦へ(理解不能の領域が顕現する)

これは主に破壊的な意味での「ポトラッチ」のことである(意味はバタイユの記事参照)。しょせんはブラックジョークだが、だいたいが真実の予言になるだろうよ(冷笑)。

……たしかトランプ大統領が(本日夕方)ついに記者会見を再開するとか? どうせ隠蔽・捏造と偏向報道で(自国防衛の)足を引っ張るしか考えないマスコミと真面目に話をするだけ無駄だし、しばらく放置していたのは道理だと思う。むしろ「馬鹿パヨクの釣りだし」が世界的に成功してきていると感じるのは、気のせいだろうか? これからトランプ大統領ローマ教皇が「パレルモ条約に従って聖戦」を指示し宣言すれば、それで全部終わりだろ?

 

       *  *  *

これまで、まず(プラスの)贈与部門では、中国韓国などに富を垂れ流し続けた日本がダントツだろうが、実は自己損壊部門でも屈指の成績レコードを残している。何しろ国内の反日左翼(偽装保守のパヨグローバリストも)と在日の言いなりになり(あるいは便乗や迎合して)、一世代二世代(時代)を丸ごと生け贄にした。
ただし(マイナスの)贈与部門では、やはり中国韓国が上位だろう。中国はサイレント侵略をやり続けたし、韓国もまた在日や反日秀逸であり、リーマンショックの引き金を引いたことも見逃せない

そろそろ決勝戦だが、やはり中国韓国の独壇場なのだろうか。全世界にコロナと共産暴動を贈与し、自国内や自国民までを破壊しまくる赤色中国は無敵である(スケールと格が違う)。
あえて並びうるのは、「罪を満たした」自国と民族を丸ごと「呪われた部分」として生け贄に蕩尽する南北コリア(もちろん在日も含む)。それから中国とズブズブで、ゲルマン神話ラグナロク(的な破滅)に頻するドイツか(それは二位争いなのか?)。
おそらく日本やアメリカでも、国内の害悪左翼(と腐敗利権)や移民マフィア(在日も)を「奇跡の白魔術パレルモ条約」(とテロ等準備共謀罪)で生け贄捧げることだろうが、しょせんは赤色中国や南北コリアの盛大な自爆ポトラッチには敵わないだろう(彼らは自らの全存在をこのポトラッチの祭儀にかけている)。
また各部門の上位争いには食い込めないだろうが、フランスやエチオピアがゴーンやテロドスのような「一点もの」をどのように調理するのかも注目される(とはいえ鳩山や小泉などの「破格の罪人」綺羅星の如く居並ぶ日本に比べれば、霞んでしまうのは仕方があるまい)。
そして最後に、これまでの被害と犠牲の累積が明らかになり(さらには決勝戦での自国と全世界の大惨事の悲嘆で)、日本は絶望第一号になれる(玉音放送レベルだな)。中国韓国(在日も)はもはや絶望すら残らず、涅槃の彼方だろうが。

 

       *  *  *

 

あの「余命三年時事日記」プロジェクトの外患罪告発が(少なくとも表向き)四年間も黙殺されたのが、どれだけ異常なことかわかるか? たしかに普通に議論や処理しても、(案件の規模として)三年や五年かかっても仕方がないだろうが、四年間も黙殺封殺は正気の沙汰ではあるまい(情報拡散の開始からだと七年とか八年じゃないのか?)。

それにしても驚異なのは、これだけ裏切りと日和を利権と保身の源にしてる奴らが(自称は保守や愛国やノンポリでも)、日本でもアメリカでも大量にいる様子であること。

……どうせ露骨に外患利権で個人的に成功しても、自国が壊滅したら自分自身(や子供とかまで)破滅なのに、(日本人でない)在日以外で加担したアホがそんなに大量にいるのか? それに左派や共産主義思想の連中とかでも、赤色中国や北朝鮮はせいぜい「開発独裁のテロ国家」だとわからんほど馬鹿なのか?(日本のパヨパヨは在日主導?) これからどうなるかはわかるよな? 反日左翼裁判官や腐敗政治家(地方含め)に、巨額の退職金や年金を払いたいか? ヤクザや反社のチンピラ(虚言マスコミやら、高利貸しや風俗・AV業者とかも)に老後の年金や生活保護を出したいか? むしろ資産凍結没収と殺害によるコスト削減で、最優先でまとめて処理されると思うぞ。 警察自衛隊からテロリストや外患罪で射殺処理や死刑にされたり、穏やかに資産凍結でもされたら、仮に三億円くらい持っていても意味はない。奴らは何故それがわからないのか?