北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

顕在化する三次大戦(2020-7/29)前編:共産テロ暴動と日米(+英印)VS中共(+南北鮮・過激派)の緊迫

インターネット上で国内の反日汚染・静かな侵略危機や特亜(中国・韓国・北朝鮮)の実態が暴露されるようになってからすでに七年が経過している。

しかし『余命三年時事日記』プロジェクトの自発有志たちが外患罪告発や懲戒請求を行ったものの、おおむねは封殺・抹殺され続けて四年間もの月日が経過している(政財官界だけでなく司法もまた浸食・汚染されていた)。

その間、腐敗し乗っ取られたマスコミ報道だけでなく、プロのインテリたちの多くは(日本における)元凶の一端である「在日コリアン」問題・共産左翼マフィアの問題から逃げ続け、大学や教育界なども救いがたいレベルでの浸透が完了していることが暴露された(教科書問題のこと、文化事業・科学研究費などで公的資金反日工作員に流れているete)。ほとんど「見えざる三次大戦」が水面下で進行しており、護国側の有志レジスタンスと反日利権のマフィア・テロリスト勢力との暗闘が続いていた。

しかし大勢としての「痴呆・日和無責任」の大瀑布の結末は、苦闘する安倍・トランプ(護国側の最高指揮者)などによる外交的締め付けで追い詰められた赤色中国の「コロナ世界テロ」であった。中国はコロナだけで終わらせる気があるとは思えず、おそらくは国内が洪水災害などで滅茶苦茶になっている腹いせと破れかぶれもあって、手段を択ばず侵略と世界破滅を狙っている(↓)

 

 

【緊急速報】中国武漢ウイルス研究所、パキスタンに炭疽菌バイオウェポン研究施設を建設 西側諸国とインドに対抗 | 保守速報

中国、イランに4000億ドル(42兆円)を払う約束をし対米軍事同盟締結へ | もえるあじあ(・∀・)

(一行解説)共産国イスラム過激派は、実は裏でつながっています。

 

・【緊急】米メディア「中国がAntifaやBLM運動に武器提供していた」 | 保守速報

【中国終了】 中国共産党、黒人デモ隊にアサルトライフル1万丁提供していた事がバレて全世界ブチギレwwwwwww:あじあニュースちゃんねる

米海軍、1週間で3隻の大艦で火災のミステリー → 中国「米軍の事故や火災は中国周辺での軍事作戦増加が原因」 | もえるあじあ(・∀・)

全米各地に中国から謎の種子が送付され米農務省が警告を出すも中国大使館はコメントを拒絶 – U-1 NEWS.

(一行解説)中国はアメリカやヨーロッパなどで、移民や反社会勢力を駆使して(人権運動を偽装した)共産暴動を狙っている。これまでの隠密裏なスパイ工作からテロ実行と攪乱工作に踏み切ってきた? ヒューストンの領事館閉鎖は当然の対応でしかない。

 

 

そして今現在の世界の現実を端的に表す記事がこちら(↓)。自分たちが何をやらかしているか、自覚があるんだろうよ。

【速報】中国、首都北京、空爆時に地下防空設備に入る説明ポスターが貼られ始める | もえるあじあ(・∀・)

アメリカの実力行使に中国専門家が本気で危機感を抱いていると中華マスコミが暴露 – U-1 NEWS.

日本政府の親中派が米CSISの報告書で名指しで批判される国家非常事態が発生中 – U-1 NEWS.

(一行解説)パレルモ条約共謀罪などによる国際連携(情報共有)でのテロ・犯罪組織の駆逐殲滅作戦については、「余命三年時事日記」でも何年も前から話は出ていました。この春頃にも日本国内の共産・移民マフィアシンパなどの情報が、護国有志団体などの手でアメリカ側にも通報されたとか……(何しろ今の日本では裁判官や日弁連までが在日・共産左翼の支配下にあるのですから……)。