北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

垂れ耳ヘル急便(笑)1じぇりこ

夜の町を駆け抜けていく漆黒のレトリバー犬。彼こそは地獄の死神(の同僚)、「堕地獄の黒紙」を届けるヘル急便(仮)である。
なぜならば古代エジプトアヌビス神の時代より、犬どもは(三万年の盟友である)人間族の閻魔や死神と共に冥界業務にも従事しているからだ。

やたらとフレンドリーに耳と舌を風になびかせながら、目星の巨大ビルの周りを七回回って「ワン!」と勝鬨のように鳴く。
まるで聖書の「ジェリコの奇跡」のように(七回回って叫べば城壁崩壊!)、一見は強固な要塞に見えても、一瞬で崩壊して終わり。それが天命であり摂理なのである。

その穏やかな顔には静かな怨恨があった。「こ奴らは犬を食べる、けしからん異国の蛮族と賊でして、嘘と詐欺を商売にしています。天誅のお知らせを届けにあがりました」。
ついでに片足上げてさりげなく、呪われた建物に小便をかけると、そこには「絞首刑された人」のような形の跡が残った。


(オリジナルのジョーク小話。携帯で打ったケータイ小説ですw)