北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

ごずめず! 5.どどいつ対話、一丁目のハイデガー(共産ポグロムと反日コリアの不条理)

地獄一丁目のハイデガー、趣味はパラディソ園のヤスパースと無線通信。
ハイデガーは「存在と時間」で知られる哲学者で、哲学史家として独特。愛国心からナチスを支持したら、ユダヤ弾圧や殺戮を始めたので、ユダヤ系の恩師を弁護したり慌ててユダヤ系の学生を逃がしたり苦悩したようだ(ナチから穴堀労働させられ、戦後は責任を問われて大学から追放)。ヤスパースの方は実存主義研究で知られる友人で、奥さんがユダヤ系だったので苦労したそうな。

「とうとうだねえ」
「とうとうですねえ」

なんの話かと言えば、戦時中の共産ソビエトの「ポグロム大虐殺」のこと。よくナチスドイツのホロコースト大虐殺のことが責められるが、実は共産勢力もユダヤ系を殺しまくっている(意外なことに、日本では東条さんですら虐殺加担を拒否したとか)
しかしソビエト(ロシア)は戦勝国であったし、各国に共産シンパがいたために(二次大戦そのものの裏で焚きつけたのは共産コミンテルン)、隠蔽して逃げ切っていたのである。

「韓国とか北朝鮮だってそうじゃないか。もしもスペインやオーストリアが、ドイツに「ナチ野郎」と石ぶつけたら「何様のつもりだ?」ってことさ」

ハイデッガーの皮肉な揶揄にヤスパースは笑う。

「うーん、あそこまでやったらたいしたものだよ。
在日とかも、日本が嫌なら祖国に帰るだけだろうに、何をわけのわがらない利権エゴを。アメリカとかでも問題起こしてたっけ? うちの女房のユダヤもよく批判はされるけども、韓国人はちょっと異常だよ。
昔はイスラエルとかなかったし、ドイツでは昔から何代もドイツ人で「ユダヤ家系」の人を虐殺したから問題になったけど、彼らは何かズレてるよ。亡命者にしても、普通は滞在国の悪口はしないものだし、日本からしたらただの破壊工作員だよね?」
「だからユダヤはまだドイツやフランスの「同国人」からそこそこ匿って貰えても、在日やらはダメなのさ。日本からしたら長期滞在のただの外国人なんだから、問題行動は強制送還にきまっているだろうに」

戦後にユダヤ系の詩人の表敬訪問を受けたとき、ハイデッガーは「特に謝らなかった」という。
おそらく彼の敵味方の判断基準は「ユダヤ系かどうか」ではなく、「ドイツ人(国民同胞)かどうか」だったのではないだろうか? 戦時中の犠牲者や殺されたのがユダヤ系だろうがモンゴル系や黒人だろうが「敵国の人間や外国人のことまで知らない、文句は自分の国の政府に言え」という話だろう。

きっと当時のドイツ人からしても、韓国や在日は意味不明だろうよ