北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

装甲車とステルス反日

たとえば反政府ゲリラが道路を封鎖して一定エリアを占領し、(隠密利に)機関銃で撃ちまくって一般の車両や人を寄せ付けないようにしていたとします。通常はわけがわからないうちにやられるか、恐ろしい怪奇現象にあったと思って、逃げてよりつかなくなる。そうして反政府ゲリラの解放区楽園は守られていく。

しかし何人か「頭のおかしい奴」が故意や偶然に近辺へ迷い込んで装甲車で危険エリア近くにまで乗り入れくると、晴天の霹靂ということになる(そんなキチガイ野郎のことまでは狂った敵のゲリラも想定外のはず)。普通(の乗用車や通行人)ならばゲリラに機銃掃射で撃たれてやられるか命からがら逃げて終わりだとしても、それが「装甲車」で自前の武器までを携帯していた場合にはどうなるか。

だってジープやスポーツカーや高級外車くらいならまだしも、個人で装甲車を用意しているのは頭がぶっ飛んでいる奴か、あるいは事前に準備していた確信犯くらいのものでしょうから。中には裏を知っていて、わざと自家用ヘリコプター飛ばしたりして空から証拠写真とる人もいたりしたんでしょうし。
だんだん世間に噂が広まってきますと、そのうちに類似の手口を真似する国民が続出してきて徐々に状況変わりませんかね。やがて最後の結末には、隠された事態の深刻さを理解し確認した、政府正規軍の「戦車」(部隊の軍団)が出てきませんか?(比喩としても現実としても)。

     *  *  *

そういえばあの竹中平蔵って、わざと住民票をわざわざ姑息に操作して住民税逃れしてたそうですよね?
まだこれが「面倒で放置していた」とか、「多額脱税」ならわかります。しかしわざわざ手間をかけてごく少額を誤魔化していたというのは「日本への愚弄を楽しんでいた」としか、自分には思えません(やはり帰化や混血の反日上級国民でしょうか?)。
そんな奴がブレーンだった小泉(朝鮮ハーフの隠れ反日)はギロチンしないといけないでしょうね。ですが、そんな竹中(とそれら小泉一味)が安倍政権下ですら影響力を持ち続けていたことが一番に問題で、トコトンまで全てが腐っていたんでしょう。
妥協していた保守派もたいがいです。いかに(最悪の状況下で)「仕方がない」とはいえるながらも、ある意味では共犯と言えなくもない。そして民間の護国有志を延々と(裁判などで)道具に使い続けたやり方も、大概に馬鹿にしていると思われます。

八年も痴呆と日和と無責任背信の日本国民も、コロナで犠牲が出まくるのを黙認した?欧米も、何もかもが「歴史の大便」ですか。多少なりとも真に愛国的な人なら、たとえ過去に一時丸め込まれて騙されたり、当面は適当に妥協しきていても、最後にはおそらく「キレて」しまうはず(麻生とか?怒りの自爆テロでもしそうな気がします、気がするだけですけど)。そこは損得以上に「誇りやプライドの問題」でしょうね。
これから盛大な自爆連鎖カーニバルと全世界炎上に期待しています(冷笑)。