北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

紛糾のアメリカ大統領選挙、新世紀の共産主義「敗戦革命」工作の帰結

まだアメリカ大統領選の結果が出ていないようだが、紛糾が予想される。民主党バイデン候補(バックは赤色中国と共産グローバリスト利権)側が、大規模に組織的な不正をやらかしている疑惑はかねがね指摘されており、バイデン氏自身が口を滑らせたという話まである。どう転んでも国際レベルの大騒動になると思われるのだが。

 

ウィスコンシン州とミシガン州で大規模な投票不正があった疑惑が浮上して現地は大混乱の模様 – U-1 NEWS.

トランプ大統領の演説を朝日新聞とNHKが全く逆の内容に翻訳する爆死案件が発生してしまう – U-1 NEWS.

中国の巧妙すぎる浸透工作の存在が発覚して現地政府を激怒させる凄まじい事態が進行中 – U-1 NEWS.

中国が隠してきた邪悪な国際戦略を習近平が得意げに自白してしまう自爆案件が発生した模様 – U-1 NEWS.

 

 

hosyusokuhou.jp

 

そういえば菅首相が国会の答弁で、最近の漫画(鬼滅の刃)の台詞(技の名前)を引用してジョークを飛ばしたそうだ。それで民主(ミンス)党の辻本某が同じ漫画の悪役の台詞を引用して(菅総理が)「私の言うことは絶対だ」というふうだなどと論難したとか。
しかし菅首相は(反日利権工作員のお前らと真面目に議論する価値はないと)茶化してバカにしているだけのように感じてしまう(赤く腐敗した学術会議のことなど合わせて)。あるい冗談口でつきあってやるのは慈悲や優しさなのか。
赤色中国のコロナ世界テロや洪水にアメリカ大統領選、時期的にも「帰滅」のとき(インド神話の世界終末)なのであるし、北朝鮮砂利利権の辻本や石破は(死刑に)十三階段を登っている意識はあるのだろうか?


もはや自分にはバカらしいばかりに思える。これまでの経緯なども含めて何もかもが酷すぎて笑うしかないし、ろくでもない結末や惨事が不可避の関の山に感じられる(先の記事を参照)。

少し前にたまたま見つけた話題サイトへの記事リンクで、三十代半ば?の派遣女性(独身)が「次の契約はなさそう、もうダメだ」なんて悲壮な愚痴を書いていたのを見つけて「やはり時間経過の追加ダメージが洒落なならない」と実感させられたものだ。仮に派遣労働者などで結婚して育児中の子供がいても、下手をすれば家庭ごと困窮や破滅に追いやられかねない人たちもいるだろう。

もしも日本の立て直し・復旧と(反日利権の悪意による)氷河期打撃世代や少子化へのケアや再生策が間に合っていれば、助かったはずの人も多かったのではないか。国内の反日勢力のこの十年の「ゴネ倒し」と(日本再建への)妨害だけでも、被害と犠牲は確実に重篤化したと思われる。それによって困窮や絶望した人間を増やして、国や社会を破綻壊滅させるのは、前大戦での「敗戦革命」の変奏みたいなもの(しかも韓国は完全に発狂した敵国になって破綻が確定してしまい、中国でも洪水などで一般人民が何億も死にかねない悲惨な状況になっているはずだが、悪意ある無責任と暗黒共産グローバル利権勢力などからすればそれで「万々歳の大成功」なのか?)。

 

(参考)この「北極茶釜ブログ」での関連する重要?考察記事

無限のミラクル呆力(ほうりき)、どうして「破滅」なのか?(2020/10/10) - 北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

10月末の個人見解の補足(+反日工作員「凸っちゃおっかなー」への伝言) - 北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

自衛隊にヤジ飛ばしてきましたw(防衛省HPにメールしました) - 北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

装甲車とステルス反日 - 北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ