北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

民間護国へのファンレター(5)桜追及のバカ検察、他

近頃に「余命三年時事日記」プロジェクトに送った支持者応援(?)メールでコメントした内容の一部です。最近に「キムチは中国料理」だの「明王朝はコリアン王朝」だのの意味不明な虚言プロパガンダが飛び交っているようなので、それで思ったこととかがこの記事後半。もちろん実際はどうなっている(いた)かわからないので妄想の域を出ませんし、松岡外務大臣のついては本人が善意の愛国者であっても、(東条たちですら半ば騙されたのですから)周囲のスパイ工作員に担がれた(間違った判断を焚きつけられた)だけの可能性が高いですが。なお「デジタル庁」や「似非アイヌ」のことでも思うところはありましたが、善意か悪意か色々と判断しかねるところです。

 

 

1(桜追及のバカ検察

真偽不明ですが、検察が「桜を見る会」とやらで安倍叩きしているとか?
これも「死体蹴り」のつもりなのか、それとも反日シンパ粛清の可能性を恐れて半狂乱なのか。前者だったら真性のバカでしょう。やはり裏の真相情報開示と掃討戦開始と同時に、怒り狂った国民からリンチや自宅を焼き討ちされても仕方がない(笑)。
そんなもの、私だって別に同情しませんよ。国内で在日を(罪の有無軽重問わず)無差別百万人虐殺だの(そして破れかぶれのテロで全日本が炎上)、そういう最悪の大惨事さえ回避できたら御の字です。
未曾有のクリスマスと新年に期待します。

 

 

たしか外患罪告発の「付属資料」は受けとったとか、ずいぶん以前にチラと出ていたはずですが。検察内部で愛国とパヨの対立があるのか、それとも日和しているだけなのか。
いずれにせよ、検察も弁護士会や裁判所同様に主犯格で確定でしょうか? せっかく民間護国が穏便に糾弾するために暴動などは差し控えていたんでしょうが、パヨ左翼や在日に対話と釈明の機会を与えようとしたのを妨害し続けたんですから。
なぜなら外患罪で告発されても、最終的に有罪判決で死刑執行までされない限り誰も死なないですから。裁判をやりながら(反省して態度を改めれば)司法取引で温情的な扱いも期待できたでしょうに。

マスコミなどにしても、コロナ世界テロへの対応に協力したり、中国の洪水やらの惨状を告発して、人道主義や良心で行動していれば「降伏受理」で大部分が助命されたかもしれない。しかしここまでやれば「テロ犯罪組織ネットワークの一味」以外に何者でもないはず。
これまで日和無責任(での利得と保身)を徹底した知識人や文化人、地方政治家なども同じことで、謝罪(や誤魔化し)で済むかは怪しいものでしょうか(今の痴呆ジャパンでは「そーなんですかー」でスルーされるかもしれないですけれど)。
たしかに安倍さんだの青山繁晴さんみたいな「水際(戦術)族」ですら批判や文句は言われるでしょうが、それでもまだ信望ありますから、そういう人たちはまだ別として(しかし悪質な偽装愛国芸人は?)。

 

 

2(敗戦革命とコリアン考

思うに「中国人は自己中でワルだが、必ずしもアホではない」と。昨今の常軌を逸した異常な振る舞い、一因には内部から敗戦革命工作でもされたのでないかとも思われます(過半は自己責任としても)。在日コリアンが日本にやらかしたことを思えば、中国朝鮮族が何も悪さをしないと考えるのは不自然ですよね?

狂って最低最悪は敵の反日や共産だけでない。延々と日和見無責任した連中も(さらには大勢のお花畑ロボトミー日本人も含め)「中立によって敵に加担した」のと同じです。少なくとも自分は二度と真面目に愛国支持したくないし(格好と体裁や建前だけは別としても)、裏切り者と無責任と犯罪者だらけになって当たり前だと思いますよ。まだ在日問題すらが片付いていないのに、とっくにベトナム人やら他の不良外人が暴れとりますがな(冷笑)

 

だいたい、旧日本帝国が国際連盟を脱退したときの外務大臣(松岡?)って、朝鮮ハーフの混血ですよね。当時からそういうやり方でわざと敗戦革命に手を貸していたのではないかとも疑われます。
それに戦後の日本も在日にやりたい放題されましたけれども、中国も近代化努力での莫大な富が国外に流出していたはず。目に見える主犯こそはシナ共産党政権でも、中国朝鮮族が加担していたのでは
だって、たとえ思想が共産主義社会主義でも、(自国のためという動機の)愛国者であれば、国富の過剰な国外流出は流石に警戒するはずです。ところが赤色中国ではそうではなく、密かに愛国心帰属意識のない連中が故意に無茶苦茶やって破滅を助長したとしか思えない。案外に、中国人は気がついたら朝鮮半島や中国朝鮮族復讐したり、世界のコリアン狩りを指揮しだすのではないかとも感じます(苦笑)。