北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

山羊羅刹USA(構想)、自衛隊賃上げ反対​と理由、憲法問題の再論

ローマ史(ネロとコモドゥス)の妄想考察記事の続きを追加したついでで書いてます。

 

しばし「黒犬ヘル」(携帯で書いた)でヤバい思念と電波をぶちまけてみたのですが(一部以上実現しそうなのがリアルショック)、次は「山羊羅刹USA」とかどうかなーと(構想)。アメリカのB級ホラーとか好きでよく見てたんですが、エログロとバイオレンス。たとえば「巨大監獄(町ごと刑務所な都市)で蹂躙大虐殺!」みたいなの、どーよ?(なんだかフィクションのジョークでなく、リアルで実現しそうだけどw)
あとは自分は私利私欲あるのみですが(日本人が最低限正気と思ったのが間違いなんですし、こんな国の社会や未来に責任なんか負いたくない)。ちょうど二十数年ぶり?のガンダムガチャポンで「青山羊ガンダム()」出たし(おみくじなら中吉?)、ほのぼのと悪魔崇拝ごっこでもやってますね(とっくに発狂w)

 

      *   *   *


それから余命プロジェクトとミラーサイトに言いたいことがある(しばらく前に余命本家の方に支持者メールで書いたことと重複する話だが)。
自分は追加の反対意見で「自衛隊や警察の無闇な賃上げにも反対」です(「余命官邸メール」号外でそういう項目がある)。
もしも際限なしに自衛官の給料を上げたら国費負担増大して最悪は資金が足りなくなるし、そもそも公務員で生活費は足りているはずです。もしも待遇改善や仕事の重要さへの理解というなら、漠然と一律に(自衛官警察官に)僅かな賃上げするよりは、(万一の殉職などの場合の)家族への経済支援策(生活支援の恩給やパートなどの仕事斡旋など)や遺族奨学金でも拡充した方が効率的だと思われます。
だいたい政治家とかの立場からすれば「そんな高い給料の兵隊なら(経費削減になるから)ガンガン死なせろ」となるのが目に見えている。逆に、大量死亡させると(遺族支援などで)費用がかかるのであれば「むやみに自衛官を犬死にさせるのは人員損失の上に不経済」とでも考えるはず。かえって善意が害になって自滅しませんか?


ちなみに、たしか前に「明治憲法復活の安易性急な復活に反対」と意見したことがあります。むしろ緊急事態条項追加とかで「ウルトラ非常事態には明治憲法を参照参考する」「国家緊急時の天皇親政の場合の時間制限と免責」とかの方がベターだと思う。
現行憲法を修正して、ついでに付録に天皇教書(つまり十七条憲法教育勅語)でもつけておけば十分だと思ってます。(自衛権確保のためというなら)「自衛権自然法の権利義務」ですから、左翼学者がどんな理屈を捏ねようが、「自国の防衛行動を一切してはいけない」という解釈がまずおかしいのです。

 

quasi-stellar.appspot.com

 

(参考)

豪州(オーストラリア)に日系経済特区を設置する案 ※メールしてみましたw - 北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ