北極茶釜:狸沼(たぬま)のブログ

日記・時事問題、自作小説(R指定?)。/「もえるあじあ」「保守速報」や「余命~」とかをよく見てますw

3.馬鹿絶句、秘密教団誕生と本尊の問題

その日、馬頭羅刹と鹿羅刹が、友人の山羊羅刹の家に見舞いを兼ねて遊びにいったのさ。
出迎えた山羊羅刹は包帯グルグル巻で、「古代オリエントの神」「中世の悪魔」(のようだ)と讃えられる風格もない。それでもシニカルな笑みを浮かべて、何か言おうとする。
しかし鹿羅刹(頭が鹿)が機先を制した。奈良名物の「鹿煎餅」をモグモグやりながら(鹿島神社奈良の大仏殿に居候)、少年のような声で。

鹿「あ、今、うちらのこと、馬と鹿で馬鹿(ばか)とか思ったでしょ?」
馬「というか、お前、なんでそんな包帯グルグルなわけ? ミイラ男にでも目覚めたのか?」

馬頭の質問に、山羊羅刹は芸術家風の気取った態度で答えた。

山羊「それは君、アートだよ。芸術のためだよ。ほら、巨乳の皇女様に、裏日本ザビエル教会で崇拝する御本尊に「ヌードの彫刻像を作らせてください」って頼みにいったんだ。その方が信者が喜ぶからって」
鹿「無茶だよ」

山羊「下僕の貴公子連中から袋叩きにされそうになったけど、あいつらだって巨乳美女の魔力に平伏してるんだから、同類だろ? フランスイタリアの淫乱とまで言わんが、ドイツやイギリスのムッツリ野郎といい勝負なんじゃねえの?」

鹿「いくらなんでも、不審者扱いでガードマンに蜂の巣に撃たれても仕方がないよね?」
馬「そらお前、いくらなんでも不敬だよ」
山羊「でも、アポとって許可は貰ってたんだぜ? 黒猫とか他の奴から先に話は通してあったし」

呆れ顔の馬と鹿に、山羊羅刹は持論をぶちまけた。

山羊「いいか! 良く聞けよ! 「芸術作品のヌード表現は古来、神々の特権」なんだぞ! 古代ローマ皇帝は神扱いで全裸の彫像つくって飾られたし、お堅い中世近世ヨーロッパでも「女神が建前の美女ヌード絵画はオーケー」だったんだぞ! だったら日本の現人神もいいじゃないか!」

馬「本気でそう思うなら、なおさら現人神様に迷惑かけるなよ」
山羊「俺らだって、一応は下っ端の神だぜ?」
馬「広義ではな、でもむしろ妖怪の部類だろ。もう少し謙虚になれよ」

すると山羊羅刹はニヤリと笑った。勝ち誇るような顔で、何かを取り出した。

山羊「見ろよ。本物のコスプレ生写真、しかもサイン入りだぜ! 今上の陛下のカメラを借りてきて、妹の殿下に撮らせたとか」

かなりキワドイ(露出とアングルが)、たぶんアニメか何かのヒロインのコスプレ写真だった。しかも従妹の内親王ゴスロリドレスで、少し困った顔で一緒に写っている(従姉の趣味に巻き込まれたのか?)。
ここだけの話、そういったものが地下市場で高額取引され、大量の類似した偽物が出回っているそうな。他の同世代の妹や従妹の皇女はそうでもないようだから、何故かあの皇女様だけ特殊な客層を惹きつけてしまうらしい(巨乳とオーラの波長?)。ただ、中にはソックリさんやコラージュを駆使した悪質な捏造品もあるようで、宮内庁が裏でファンに「悪質な詐欺商売」として注意を呼び掛けているそうである。

かくして秘密宗派「裏日本山羊天誅教団」が発足したそうだ。具体的には犯罪外国人とか、悪質な渡航転売ブローカーやヤクザの外人奴隷雇用主を、こっそりと見せしめに制裁して回るんだってさ。
もっとも、以前からあった秘密プロジェクトの新しい末端組織でしかない。なぜならヤマトヒメや額田女王の昔から、その手の禁裏の忍者軍団などで天皇近親の皇族などが指揮者や名目上のトップになっていることはあったようだ。年長の内親王なこともあって、裏で安倍なみに叩かれたり誹謗中傷されていたらしい(それでKのストーキングを黙認して「消耗品の盾」にしていたとか?)。