北極茶釜/陸戦型たぬきそば

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

リセット・ザ・ワールド / 暗黒地雷卿バイデン閣下がアンゴルモア的に大降臨(笑)

hosyusokuhou.jp

www.moeruasia.net

 

花道は可哀想ですか? それと途上国の懸念」 ※余命PTに送ったメール

近頃のバイデン閣下や平井デジタル先生は、可哀想なくらいですが自業自得の花道なんですかねえ(笑)。あいつらって滑稽でもやめられないブレーキ壊れたジェットコースターですか。平井って何かに似てると思ったら、昔の漫画の「抜け作」先生そっくり(笑)。
ただ、このまま二月とかまで引っ張れば、アフリカなどで飢餓輸出の食糧難になりませんか? たしかにシナ共産党は自国民の老人や過剰人口の二億や三億人くらいまでなら、喜んで見殺しに死なせるはず(それで老若男女の人口比率も多少は是正できる)。
しかしそれ以上となれば国力低下や反乱リスクもあります。おそらくは債権を使って途上国から値段の安い食料を買い漁るはずで、現地の必要な備蓄まで平気で収奪するはずです(餓死させ弱らせたあとに移民で国ごと乗っ取れるから)。国連や国際機関は見てみぬふりして、共謀のパレルモ有罪フレンドに確定強化できる(しかも無責任人口爆発をリセットできてしまう)。
そういうやり方、政治戦略の合理性としては正しいにせよ、人道上どうなんでしょうか?(飢餓の連鎖自爆の放置) 日本の経済産業省などから、東南アジアや中東だけでも警戒を呼び掛けるべきでは?
余談ながら中東などには石油化学プラント企業を進出させて、日本への石油(燃料だけでなく製品も)輸入を安定確保しつつ、地元国に利益や発展を還流すべきです。欧米の悪質なハゲタカ外資に無茶苦茶買いはたかれたら、彼らに未来はないですから(トルコやイスラエルなどとも相談すると良いと思われます)。

 

      *   *   *

 

(セルフ解説と考察)

あくまでも個人としての、一つの可能性と憶測の話でしかないわけだが、もし当たっているなら安倍か思考フリーズして体調悪化で降板になって当たり前だろう。無駄な犠牲者を減らして丸く収めようとして悪足掻きしてたところにコロナテロ、「もう無理だ、十億人くらい殺し(死なせ)ますね」(世界の総意)となったら、まともにものを考えることすら不可能だろう。
途上国が(中国に)飢餓輸出を強要されるリスクにしたところで、とっくに赤シナフレンドのバイデン政権()では牽制すら困難だろうし、国際機関も同様(諦めをもって故意に放置されたとしか思われない)。そしてバイデンが不正と犯罪の証拠を(自国アメリカに)握られているならば、いざとなれば軍からリモコン操作(爆弾首輪の命令)でどんな無茶苦茶でもやるだろうから、実は日米だけでなく当の中国にとってすら最悪ではないのか? 仮に北京や上海などを水爆でポンポン吹き飛ばしても「中国スパイのバイデンが国家反逆の責任逃れのためにやった」「大規模な不正介入でバイデンみたいな奴を当選させたのは中国の自業自得」と言われたら、それで終わりでないのか?(笑) トランプなら文民的な良心と人道主義で却下したような無慈悲な案件でも平気でゴーサインだろう(良心どころか脳みそが怪しいのがバイデン閣下だぞw)。
今のアメリカは銃とマスクを捨てて本気の白兵戦で殺しにくるプレデターみたいなもんだろうよ(そんなもんを誰が止められる?)。沖縄の在日米軍がボランティア活動しているようだが「それでも自分たちは人間なんです!」的な悲壮な心の叫びのようだと思う。

だいたいヨーロッパの聖書では「神聖虐殺殲滅」ともいうべき考え方があることに留意するべきだ。それは場合によっては「正義」の観念や価値を死守するために物質的な損得や人道主義を無視するのもやむなし、という発想である(善悪の道徳価値や倫理観が維持できなくなれば国や社会そのものが崩壊してしまうため、危険思想とギリギリの決断で完全破壊殲滅に踏み切る)。
第一に、(欧州同様)日本だって反日野党だけでなく、二階や腐敗自民党の所業でパレルモ条約の観点などからも国際的レベルでの責任を問われかねない。腹をくくるしかなくなるのは目に見えていると思われる(それが出来なければ最悪は「赤色陣営側の敗戦国」になってしまうわけだが?)。二次大戦末期のイタリア国民レジスタンスが自国政府を否定して連合国側に肩入れした事例、その当時のトルコが日本に宣戦布告した事例などの過去の歴史も考えてみるべきである(それらと比べても、日本がしょせんは悪意の加害者でしかないシナ共産党南北朝鮮に「DV被害妻」みたいに盲従する義理があるのだろうか? このまま日本がオカマじみた売国奴と在日や赤色工作員の言いなりになって破滅するなら「ギャグ漫画」以下だろうよ)。

 

(追伸?)
それから「余命三年時事日記」が近頃始めた省庁への陳情(書面)、それなりに意味はあると思いますし、気の向いた方は記念受験に良さげな案件だけでも参加するのも面白いかも(それはそれでw)。かなり昔に(官邸への集団提出とかを想定して)「余命の告発と問題提起を支持します」みたいなのを送ったことがあるので「(原本が余命の事務所に残っているとして)コピーで良かったら他の方の分と一緒に送って貰って構いません」みたいなメールは一応書いておきましたが(苦笑)。

 

you1news.com

quasi-stellar.appspot.com