北極茶釜(再度に逃亡w)

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

2.腐れ背信与党の地獄歓迎会 / (提言)自衛隊に現場報道させるべき

たぶん自民党にも腐敗やスパイは多数入り込んでいるだろう、妥協的な風潮も強いだろうとは、誰もが思うところだっただろう。しかしほぼ丸ごと腐りきっていて、まともな奴の方が少数派だとまでは流石に皆思っていなかった。維新なども同様で、公明党に至っては創価学会(日蓮宗偽装の在日コリアンカルトで反日工作機関)である。なんの救いもありはしない。野党や市民団体、マスコミや司法くらいまでは確実に逝っちゃってる、おまけに大学や経団連とかまでも全部アレですしね。
どうか地獄で何万回でも無残に拷問虐待死してください。地獄では殺されても生き返るので、永遠に悲惨であって欲しい。今回に山羊羅刹のお勧めするスペシャル歓迎コースのメニューが以下の通り(これも「鳩山地獄変」と同様な「死体蹴り利権」を狙っての布石である、もう私には真面目にやる気は一切ないw)。


1転落斬死
高層ビルの二十階から突き落とす。途中の十階の辺りで日本刀が壁面とほぼ垂直につきだしており、切られて手足が千切れたり内臓ぶちまけたり顔が半分切り飛ばされる。最後は地面に叩きつけられて死亡し、血の海に黄色い脂肪を飛び散らせる。

スペシャルな「屈葬」
狭い金属の箱に無理矢理詰め込む。骨が折れようが肉が潰れようが気にしてはいけない。不自然な姿勢と無茶苦茶な状態で詰め込まれて死にきれない。
それら金属の箱をたくさん並べて「床」を作り、その上でたくさんの象を飼う。少しずつ重みで踏み潰され、糞尿にまみれながらゆっくりと死ぬ。

3茶色い殉教
田舎の廃れた小学校のボットン便所の汲み取り槽で修行と礼拝の日々を過ごさせる(民主や共産やマスコミや司法の「同志教友」たちも一緒)。金ジョンイルや毛沢東の写真を拝みながら、一日に何千回も反日国歌や「ドクト」のプロパガンダソングを血を吐いて死ぬまで歌わせる。首輪に仕掛けして電気ショックして無理矢理でもやらせる。

4ピエロとナイフ
狂ったピエロからナイフ投げの的にされる。片手で四本、両手で八本を投げられ、しかも急所を避けるのでなかなか死ねない。

5パヨクサバイバー
下水道や巨大刑務所や廃墟村などで、ゾンビや狂人や野犬やワニと戦ってサバイバルさせる。凍てついた表情で泣き叫びながら脱出やハイスコアを目指せ!

6リアルなプロレス
政界の舞台でプロレス茶番をやり続けた報い、本気でプロレス格闘させる。レスラーにリングの上で殴り殺される。対抗できるのは猪木(維新、北朝鮮帰化人)くらいのものだろう。女性はルール変更(バイデンが許可した)で、マッチョなオカマレスラーが「同性としての差別への憎悪と復讐」で殺意の暴力。

7特撮リアル怪人
子供向け特撮映画の怪人役になって、それぞれの所業と人生を反省しながら、毎回倒される。石破の「魔神ブー」「後ろから撃つ!」の視聴率が気になるところだが、小泉(北朝鮮混血)の「ネズミ男ファミリー」には敵うまい。

8心暖まるメルヘン
まずアンパンマンの音楽を流し、あくまでも楽しく和やかな雰囲気にする。前大戦の日本軍兵士の英霊たちと高砂義勇兵(台湾)たちが刀で肉を切り取り「こいつらの肉をお食べ(にこやかな笑顔)」と、今現在の中国人やウイグルチベットの餓死者凍死者に与える。
骨は迎え火送り火キャンプファイヤーの燃料にしたり、ラマ僧ちが大腿骨で笛を作って吹き愉快に鳴らす。孫文蒋介石が中華料理の腕を振るい、餓死凍死の亡者たちはみんな「両脚羊」料理で腹一杯になり、仙人の桃源郷イスラムの天国や仏陀の楽園に行く。

 

       *     *     *

 

たとえば帰化取消の通告や強制送還の実行、著名人や地位のある方だけでも、現場の自衛隊などに報道して貰うと面白いかもしれませんね。インターネットで動画を公開すれば、痴呆国民の目も覚めるだろうし、外国にも日本が在日によって受けた被害の真実を拡散できます。自衛隊は公務員で、日本国民には「知る権利」があるのです。