北極茶釜/陸戦型たぬきそば

西洋史エッセイ、コントと寓話、時事問題など

可能を不可能にした十年間(完結記事w)

 とうとうテレビの外資比率のことなどが「公に糾弾」されだしたようだが。
 しかしインターネットで情報拡散しだして八年、外患罪の第1回告発から四、五年か。金城鉄壁の痴呆と積年の宿便的ミラクルパワーで、可能を不可能にし続けた十年であった
 敗北は全ての破滅だが、勝利してなお累積被害と後遺症は免れないし、一見は「全う普通で真面目で標準模範的で無事」な多くの日本人と子供や孫たちに、「痴呆の平和」のツケがこれからのしかかっていく(失笑)


 それから余命ミラーサイトに「最後の正気を踏みにじる五年十年だった」「自分は私利私欲にしか興味がない」と本音の投稿コメントしときました。ついでに「私が(アマチュアながら)知識層としてカウントされるなら、模範ではなくてボーダーライン的存在(今のプロ知識人や文化人の数割かは赤点確定で粛清とリストラ必須)」。
 愛国心とかとっくにどうでもいいことですし、今の日本人なんてみんな大真面目な顔で、靖国や神宮で太極ハチマキの全裸で犬肉とトンスル(韓国の人糞酒)をお供えしてるようなもんだろうよ(どうせ自分の子供とか孫を食肉にされて食わされても意味を理解できないはず)
 つまり「仕方がないんですよー仕方がないんですよー仕方がなかったんですよー」とステップを揃える協調性溢れて謙虚で真面目で勤勉な「まっとうな普通の日本人」には、戦後七十年をかけて鍛錬した「規律ある痴呆」と「美しい土下座」の奥義が備わっているのであって、ロボトミーされた優良な先天家畜民族として桁違いの完成度で、どう転ぼうが(日本人だろうが外国人だろうが)犯罪者に支配や統治されるしかないんだろうよ(嘲られ飼育されるために生きているようなもの、ガキどもとかも生まれてこない方がマシだったw)。朝鮮人(虚言犯罪民族、南北と在日)からまで「ジャップ」呼ばわりされる始末、素晴らしい。
 たぶん自分にとって最初から護国闘争なんて、せいぜいゲーム(懸賞付?を期待w)くらいの意味しかなかったんです。もはや万事滑稽なだけです(ダラダラ出来て良かったと思っておくし、またまた、信じる価値のないものを信じなくて良くなったw)。




(参考、別に書いた記事)
・撤退どうなってる?他
https://tanukinoma.hatenadiary.jp/entry/2021/04/04/222642